電磁界解析/電磁場解析ソフトウェアの株式会社エルフ

 

結果図の描画ツール Wmap3

「Wmap3」はELFシリーズ専用の描画ツールです。

「Wmap3」は形状ファイル(meg)あるいは結果ファイル(mag)を選択し、モデルの形状や、計算結果のベクトル・等高線などを描画するためのツールです。

リニアモータの例

磁束密度の大きさに比例した色をベクトルに付けています。
(リニアモータ解析事例)


IHの例
ジュール熱をコンター図で表しています。
(IH加熱の解析事例)

リング状ハルバッハ配列
リング状ハルバッハ配列の磁石を2つ組合せ、一方を回転させています。

画面上で計算結果やモデル情報を簡単に知ることができます。

画面上のベクトルや節点、要素などにマウスポインタを合わせるだけで、
計算結果や座標値、要素情報などを確認することができます。
計算結果数値の表示例
一番下の要素の磁束密度の値を画面上で表示しています。

要素単位での表示、非表示に対応しています。

特定の要素に着目したい場合や、周りの要素で着目したい要素が隠れている場合など、要素単位での表示、非表示機能を使用すると便利です。
要素部分表示
円筒の中にあるコイルと磁性体を表示するために、
円筒側面の一部要素を非表示にしてみました。

結果の数値をファイルに出力することができます。

選択された要素、物理量に関してファイルに出力することができます。

描画条件の管理、保存ができるようになりました。

結果の表示において細かな設定の様式を刷新しました。

BEAMの軌跡データの表示方法に各種機能(間引きなど)が増えました。

a:2640 t:3 y:2

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional