電磁界解析/電磁場解析ソフトウェアの株式会社エルフ

 

IEmesh 機能

IEmeshの機能の概要です。

主要コマンドは機能ごとに最初の文字が統一されています。
キー入力した文字列によって、候補のコマンドが絞られて表示されます。
パラメータもキー入力に同期して表示されるので、簡単にコマンドが作成できます。
(コマンドフィルター機能、ヒントビュー機能)

主要コマンド

節点を作成するコマンド   …   AN~

多種多様な方法で節点が作成できます。例えば…

  1. AN XYZで直交座標節点が作成できます。
  2. AN RT3で円筒座標節点が作成できます。
  3. AN PLで節点間の分割点に節点が作成できます。
  4. AN CCXで円と円の交点に節点が作成できます。

図形を作成するコマンド   …   AF~

線分や円を図形として作成できます。例えば…

  1. AF LNNで2節点を結ぶ図形線分が作成できます。
  2. AF CNWで3節点を通る図形円が作成できます。

図形を利用するコマンド   …   FN~

図形を利用して節点が作成できます。例えば…

  1. FN FFXで複数の図形の交点に節点が作成できます。
  2. FN LLXで2つの図形線分の交点に節点が作成できます。
  3. FN CLXで図形線分と図形円の交点に節点が作成できます。

節点を編集するコマンド   …   MN~

節点のコピーや移動などできます。例えば…

  1. MN CPLで節点の平行コピーができます。
  2. MN MVCで節点の回転移動ができます。
  3. MN SXで節点のX座標値のみを変更することができます。
MNコマンドの前に操作する節点をSNコマンドで選択しておく必要がありますが、IEmesh上で入力指示が出ます。
ベクトルの指定が必要なMNコマンドもあります。

要素を作成するコマンド   …   AE~

節点を指定して要素が作成できます。例えば…

  1. AE NNで節点数に従い要素を作成できます。
  2. AE N2で2節点を指定して線分要素が作成できます。
  3. AE I4で1節点と2つの増分を指定して四角形要素が作成できます。
  4. AE A8で直前に作成された8節点を結んで六面体要素が作成できます。

要素を直接作成するコマンド  …  AA~

このコマンドだけで節点と要素が同時に作成できます。例えば…

  1. AA BLOCKで直方体の立体要素が作成でき、同時に分割も可能です。
  2. AA RINGBでリング状の立体要素が作成できます。
  3. AA ARCH3でアーチ状の立体要素が作成できます。
  4. AA HOLEで四角形要素に穴を作成することができます。
  5. AA Oで作成する立体の中心座標を指定することができます。

要素を分割するコマンド   …   BE~

要素を分割する方法も各種用意されています。例えば…

  1. BE L8で六面体要素を分割できます。
  2. BE C4で四角形要素を扇形に分割できます。
BEコマンドの前に分割する要素をSEコマンドで選択しておく必要がありますが、IEmesh上で入力指示が出ます。

要素を編集するコマンド   …   ME~

要素のコピーや移動、押し出しなどできます。例えば…

  1. ME CPLで要素の平行コピーができます。
  2. ME MVCで要素の回転移動ができます。
  3. ME EXLで要素の平行押し出しができます。
MEコマンドの前に操作する要素をSEコマンドで選択しておく必要がありますが、IEmesh上で入力指示が出ます。
ベクトルの指定が必要なMEコマンドもあります。

要素の方向などを修正するコマンド… TE~

要素の方向や要素に属する節点の番号を揃えることができます。例えば…

  1. TE WLVで要素の方向をベクトル方向に揃えることができます。
  2. TE CLDで連続する要素の方向を揃えることができます。
TEコマンドの前に操作する要素をSEコマンドで選択しておく必要がありますが、IEmesh上で入力指示が出ます。
ベクトルの指定が必要なTEコマンドもあります。

節点を選択するコマンド   …   SN~

操作対象の節点を色々な方法で選択します。例えば…

  1. SN ADD Eで特定の要素に属する節点を選択できます。
  2. SN ADD NSで複数の節点を指定して選択できます。

要素を選択するコマンド   …   SE~

操作対象の要素を色々な方法で選択します。例えば…

  1. SE ADD Mで特定の材質に属する要素を選択できます。
  2. SE ADD ALLですべての要素を選択できます。

図形を選択するコマンド   …   SF~

操作対象の図形を色々な方法で選択します。例えば…

  1. SF ADD FSで複数の図形を指定して選択できます。
  2. SF ADD ALLですべての図形を選択できます。

各種番号のリナンバコマンド  …  RB~

節点番号や要素番号などのリナンバができます。例えば…

  1. RB ENですべての節点番号、要素番号のリナンバができます。
  2. RB STOREですべての節点番号、要素番号が格納できます。
  3. RB MERGEで複数の節点が合併できます。

節点や要素を消去するコマンド …  CL~

色々な方法で節点や要素、図形の消去ができます。例えば…

  1. CL NLでまとめて節点を消去できます。
  2. CL ESで指定した要素のみを消去できます。
  3. CL LONEで孤立点になっている節点のみを消去できます。

要素名や要素番号を管理するコマンド…NB~

要素名の指定や各種番号の初期値設定、変更ができます。例えば…

  1. NB NAMEで要素名の指定ができます。
  2. NB MIDで材質番号の指定ができます。
  3. NB CHANで要素名や各種番号の変更ができます。

制御関連

条件分岐

条件分岐の制御文によってスクリプトの実行・不実行を切り替えることができます。

  1. IF、ELSE、ENDIF などのIF文で条件分岐ができます。
  2. CASEIF CASE CASEELSE CASEEND などのCASE文で場合分けができます。

繰り返し

繰り返し制御によってスクリプトを繰り返し実行ができます。

  1. LOOP~ENDLOOPでループ範囲を設定し、その間を繰り返すことができます。
  2. Rコマンドで旧来のコマンド群の繰り返しもできます。

変数定義・各種関数・サブルーチン

変数の定義

変数を定義したり、変数を利用して座標値を指定したりできます。

  1. PUTコマンドで変数を定義して四則演算、関数などで使用できます 。
  2. 一次元の配列変数も使用できます。
  3. 変数を節点番号や座標値に使用することができます。

各種関数

各種関数が用意されています。

  1. 数学関数として三角関数、指数関数などが用意されています。
  2. 情報関数として節点座標、要素数などの関数があります。

サブルーチン

サブルーチンを作成したり、呼出したりができます。

  1. 既製のサブルーチンを利用することができます。
  2. 作成したサブルーチンを保存、再利用することもできます。

ファイル入出力

megファイルへ出力

  1. OGコマンドで節点をmegファイルに出力します。
  2. OE*コマンドで要素をmegファイルに出力します。

megファイルの読み込み

DMEGコマンドで他のmegファイルを複数読み込むことができます。
さらに読み込んだデータの部分的な修正や削除、新たなデータの追加もできます。

meiファイルの読み込み

INCLコマンドで別のmei形式ファイルを読み込むことができます。

DXFファイルの読み込み

DXFファイルのエンティティセクションのデータを読み込むことができます。
読み込んだデータは、図形と節点、線分要素に変換されます。

複数のスクリプトファイルの作成

MEISコマンドで変数の値が異なる複数のmeiファイルを一度に作成することができます。

その他

スクリプトのステップ実行

スクリプトのステップ実行が可能です。
1行づつの実行によりスクリプトのデバッグ作業が簡単にできます。

IEmesh HINTView
Wmap3

作成済み節点、要素の参照

作成した節点や要素の番号を遡って参照することができます。
また、NB ZEROで番号参照の起点を設定すると、起点から順方向に参照できます。

  1. 例えば>1と記述すると1つ前に作成された節点の番号が参照でき、
    }1と記述すると起点から1つ目に作成された節点の番号が参照できます。
  2. 例えば<2と記述すると2つ前に作成された要素の番号が参照でき、
    {2と記述すると起点から2つ目に作成された要素の番号が参照できます。
  3. 参照した節点番号や要素番号はコマンドのパラメータやサブルーチンの
    引数として利用できます。

スクリプトの途中での一時停止

Qコマンドで、その時点までのmegファイルを作成して表示することができます。

チェック機能

SAMEコマンドで、要素の重なりがチェックできます。
UNDEFコマンドで未定義節点のチェックができます。

a:1305 t:1 y:1

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional